さくらレンタルサーバーで Python3 系を使う

さくらのレンタルサーバー (スタンダードプラン) で Python3 系 を使えるようにしたときのメモです。

以前に Amazon Linux で Python3 系を使えるようにしたので同じ方法で出来ると思ったんですが、ちょっとだけ違いました。

Amazon LinuxでPython3系を使う

やりたいこと

さくらのレンタルサーバー (スタンダードプラン) で Python3 系 を使えるようにします。 python3 コマンドではなく python コマンドで使えるようにします。

また、前提としてシェルを bash に変更しています。 さくらレンタルサーバーのデフォルトでは csh になっています。

ログインシェルを bash に変更する場合は、下記コマンドを実行して再ログインします。

$ chsh -s /usr/local/bin/bash

やること

Amazon Linux のときと同様に、pyenv を使います。

ただし、今回は pyenv に加えて pyenv-virtualenv も必要です。

手順

1. pyenv インストール

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

2. pyenv-virtualenv インストール

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ~/.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

3. パス設定

~/.bashrc に下記内容を追加します。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
export TMPDIR="$HOME/tmp"
export PYTHON_PATH=./
eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

.bashrc を再読込します。

$ source ~/.bashrc

4. pyenv で欲しいバージョンをインストール・設定

ここからは普通に pyenv を使います。

インストール可能なバージョンを確認。

$ pyenv install --list
Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  .
  .
  .
  3.6.5
  3.6.6
  3.6.6rc1
  3.7.0
  3.7-dev
  .
  .
  .

任意のバージョンをインストール。

$ pyenv install 3.6.6
Downloading Python-3.6.6.tgz...
-> https://www.python.org/ftp/python/3.6.6/Python-3.6.6.tgz
Installing Python-3.6.6...
Installed Python-3.6.6 to /home/hoge/.pyenv/versions/3.6.6

デフォルトで使うバージョンに設定。

$ pyenv versions
* system (set by /home/hoge/.pyenv/version)
  3.6.6
$ pyenv global 3.6.6
$ python -V
Python 3.6.6

以上です。

comments powered by Disqus