みなさんトラッキングしてますか。
これまでスマートウォッチとしては Apple Watch を使っていたんですが、色々あって別のスマートウォッチを買うことになりました。そして買ったのが、 Fitbit のフィットネストラッカー Fitbit Inspire です。

Fitbit Inspire を買うことになった経緯

Apple Watch があるのになぜ?

そもそも Apple Watch 以外のスマートウォッチを買うことになった経緯としては、先月発売された Google のスマートフォン Pixel 3a を買ったからです。
スマホは iPhone 4 時代からずっと iPhone を使っていたんですが、仕事で検証用端末として Pixel 3 を触ったときに良いなと思ってしまい…ただ Pixel 3 は結構なお値段がするのでスルーしてました。そんなところに廉価版の Pixel 3a が発売されるということで、初の Android 端末として迎え入れることになりました。

と、長々と書きましたが、 Android 端末でも諸々の通知を受けられるスマートウォッチが欲しい というのが、 Apple Watch 以外のスマートウォッチを買うことになった経緯です。

なぜ Fitbit Inspire ?

Apple Watch 以外のスマートウォッチといっても選択肢が多すぎました。とりあえず次のような条件で探しました、

  • スマホの通知を受け取れること
  • 振動で通知してくれること
  • 価格は 10,000 円くらい

この条件だと Fitbit 、 GARMIN の各シリーズが候補にあがってきます。
値段的には GARMIN の Vivosmart 3 が一番お手頃だったんですが、2年前くらいのモデルだったので、今年になってから発売された Fitbit Inspire にしました。

ちなみにこれくらいの価格帯だと、スマートウォッチというよりはフィットネストラッカー、いわゆる活動量計みたいなものがほとんどです。Fitbit Inspire も、公式ページには フィットネストラッカー と書かれています。

Fitbit Inspire & Inspire HR | 健康づくり & フィットネス用トラッカー

Fitbit Inspire の概要

箱はこんな感じ。

Fitbit Inspire package

同梱物は、

  • Fitbit Inspire 本体
  • 充電ドック
  • 説明書

です。

inside items

説明書は複数言語で書かれていて、日本語でも書かれています。ただセットアップ方法については触れられていないので、最初に見ても得られる情報はありません。

fitbit inspire display fitbit inspire back fitbit inspire dock

充電ドックはマグネットで本体と接続できるので、 Apple Watch と同じですね。

セットアップはスマホ経由で

上に書いた通り、説明書にはセットアップ方法が書かれていません。最初に本体の電源を入れると、画面上に https://www.fitbit.com/jp/setup にアクセスしろとでるので、リンク先のページに従ってセットアップを進めます。

必要な時間は 10 ~ 15 分 程度です。

セットアップは iOS, Android, Windows, macOS で行うことができますが、今回は Pixel 3a との同期ということで、 Play Store から Fitbit アプリをインストールして、 Pixel 3a 端末でセットアップを進めます。


まずは Pixel 3a と Fitbit Inspire を Bluetooth で接続します。

connect with bluetooth

その後は Fitbit アプリに従ってセットアップをしてきます。

Fitbit のモデルを選択。

selet model seleted model

Fitbit Inspire の画面上にコードが表示されるので、それをアプリ内で入力して接続を完了させます。

complete connect

そのあとは Fitbit Inspire のソフトウェアアップデートが始まります。これが 10 分弱くらい時間がかかります。

software update

ただしアプリのセットアップはそのまま続けることができ、その間は次のような tips をアニメーションと説明文で紹介してくれます。


  • Fitbit Inspire の付け方 how to ware

  • ベルトの交換方法 how to change belt

  • 操作方法 how to use

  • メンテナンス方法 how to maintenance


Fitbit Inspire の画面上でアップデートが完了すれば、セットアップ完了です。

実際に使ってみて良かった点・悪かった点

では肝心のレビューに入りたいと思います。購入してから 2 週間くらい経つので、その間に感じたことを書いていきます。

良かった点

バッテリーの持ちが良い

公式ページのスペック欄には 5日間連続使用可能 と書かれていますが、ほぼこの通りですね。バッテリー残量 100 % の状態から 4.5日くらい経過したところで残量が 20 % 切りました。
Apple Watch は基本的に毎日充電が必要になるので、充電回数が少ないのは良いですね。

充電速度が速い

バッテリーの持ちが良いと、逆にどのタイミングで充電するかが難しくなってきます。ただ、 Fitbit Inspire に関しては充電速度が非常にはやく、たとえばシャワーを浴びている 20 分程度の充電時間でも、少なくとも 2 日くらいは使用できるくらいに充電できます。
なので、トラッキングが途切れても良い數十分を充電時間に充てるようにすれば、ほぼ 24365 のトラッキングが可能です。

睡眠トラッキングが正確

一日中トラッキングできるということは、睡眠時間もトラッキングすることができます。このトラッキング精度がなかなか高いです。

sleep time tracking

就寝・起床時刻はほぼ体感と同じくらいなので、毎日の睡眠時間はしっかりと管理できます。

悪かった点

スマホの通知が端末と Inspire の両方に来る

Apple Watch の場合、 iPhone と接続している状態での通知は Apple Watch のみに届きます。しかし Fitbit Inspire の場合は、まず Android 端末に通知が来て、その 0.5 ~ 1 秒後くらいに Inspire のほうに通知が来ます。なので、例えば端末を 机の上に置いていたりすると、机が震えてから手首も震えるみたいな状態になります。
こればっかりは 端末専用に作られたスマートウォッチではないため実現は難しいのかもしれません。ただ、不便ですね。

歩数のトラッキング精度が低い

Fitbit Inspire を使用している期間も引き続き Apple Watch も装着していたのですが、歩数に関して Apple Watch での計測値と大きく差が出ている日がありました。

通知内容の視認性が悪い

Fitbit Inspire のディスプレイは縦長ですが、端末からの通知内容は横方向からスライドしてきます。なので、例えばメールの通知を受けた時は、ディスプレイ上に 2 ~ 3 文字ずつスライドしてくる感じです。通知自体を受け取ることは可能ですが、内容まで確認するのは難しいと感じました。

現在の使い方

購入から 2 週間経って現在の Fitbit Inspire の使い方は、専ら 睡眠トラッキング です。
日中は装着せず、帰ってきてなんやかんやしてそろそろ寝るかなとなった時点で装着してます。で、翌日起きて Apple Watch をつけるタイミングで外してます。

じゃあ Pixel 3a からの通知はどうするんだ!という話ですが、Pixel のほうでも色々あって結局 iPhone + Apple Watch の生活に戻っています。 Pixel 3a についてはまた別で書きます。

まとめ

Fitbit のフィットネストラッカー Fitbit Inspire のレビューでした。
私の結論としては、睡眠トラッカーとしてはすごく良いという感想です。価格的にも 10,000 円程度なので手は出しやすいと思います。

ちなみに Fitbit Inspure には上位モデルの Inspire HR があります。こちらは 心拍数トラッキングが可能だったり、水泳のデータ計測に対応していたりと、結構高機能になっています。お値段は 約 20,000 円と、Inspire のおよそ 2 倍です。
高機能とはいえ 20,000 円か…と正直思います。

単純に睡眠時間をトラッキングしたいというだけであれば Inspire で十分かなと思いますね。

comments powered by Disqus